みんブラ - みんなで学ぶブランディング

アンゾフの成長マトリクスとは

トピックス

アンゾフの成長マトリクスとは

アンゾフの成長マトリクスとは

アンゾフの成長マトリクスとは、戦略経営論の創始者であるイゴール・アンゾフ氏(1918-2002)によって提唱された、経営戦略を分析するためのマトリクスです。
このマトリクスは、商品・サービスと消費者・顧客(市場)にわかれ、4つの戦略を見定めることができます。

アンゾフの成長マトリクス

目次
アンゾフの成長マトリクス

  1. 市場浸透戦略
  2. 市場開拓戦略
  3. 製品開発戦略
  4. 多角化戦略

多角化戦略

  1. 水平型多角化
  2. 垂直型多角化
  3. 集中型多角化
  4. 集成型多角化
  5. まとめ

1.市場浸透戦略

既存の市場×既存の製品
今の商品・サービスをさらに深掘りし、マーケットシェアを高めていく戦略です。
基本的な考え方として、今の顧客をロイヤルカスタマーへと高めていくことになります。
量を増やす、ディスカウントする、インセンティブを出す、接点回数を増やす、顧客との接点を最適化してく(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント(CRM))、などを導入する戦略です。

2.市場開拓戦略

新規の市場×既存の製品
既存顧客に対し、新しい製品を開発し、展開していく戦略です。
既存顧客の求めている商品・サービスを深掘りしていきます。
今の製品のさらにプレミアム版を出してみたり、またはライト版を出してみたり、付属商品を付けてセットで買いやすくしてみたり、一から新しく商品を開発することもあります。

3.製品開発戦略

既存の市場×新規の製品
今の商品・サービスを、新しいターゲットに展開していく戦略です。
地域や属性を変える発想が必要になってきます。
地元の物を都会で売ったり、海外にシフトしたり、女性用の物を男性にも展開したり、シニア向けのものを敢えて若者に展開したり、ということがあります。

4.多角化戦略

新規の市場×新規の製品
既存の顧客でもなく、既存の商品・サービスでもなく、現在の事業とは全く関連しない新しい市場へ新しい商品開発をして展開していく戦略です。
当然、一番リスクが伴う成長戦略となりますが、理念やVISIONに照らし合わせた発想により、市場機会発見の可能性も高くなります。

さらにアンゾフは、この多角化戦略には、4つのタイプがあると伝えています。

多角化戦略4つのタイプ

1.多角化戦略 – 水平型多角化

 同じ分野の事業で多角化するタイプです。
販売シナジーが期待できるため、比較的成功率も高くなります。反面、成長性・収益性が大きく改善される可能性も低くなります。例として、オートバイメーカーであったホンダが自動車事業へと進出したケースなどです。

2.多角化戦略 – 垂直型多角化

垂直型多角化(関連機能多角化)
現在の上流、下流へと多角化するタイプです。例として、6次産業が良い例でしょう。食品加工メーカーが、農業(上流)まで手がけ、さらには小売(下流)まで手掛けるケースなどです。

3.多角化戦略 – 集中型多角化

集中型多角化(同心円型多角化)
既存と新規との間で、技術力とマーケティング力のどちらか、もしくは双方へ関連性を持たせ多角化するタイプです。
販売シナジー、生産シナジーのどちらかが期待できるため、既存の技術力とマーケティング力を活かした高い成長性が期待できる分野へ進出できる機会ができます。
例として、花王が、当初の石鹸販売から、シャンプー、合成洗剤と事業を拡大してきたケースです。また、アップルがiPodを開発し、iTunesで音楽配信を始めたケースなどです。

4.多角化戦略 – 集成型多角化

集成型多角化(コングロマリット型多角化)
技術とマーケティングも関係なく、まったく新しい製品を、新しい市場に多角化するタイプです。シナジー効果が期待できないためリスクはそれなりに伴いますが、高い成長性が期待できる分野への進出を狙います。ソニーや楽天が銀行業務を始めたケースなどです。

まとめ

現在では、ジョイントベンチャーやM&Aなどにより、多角化戦略もリスクを分散し取り組める場合が多く、一昔と比べるとリスキーな選択肢ではなくなってきています。
環境の変動が激しい現在に置いては、アンゾフの成長マトリクスを念頭に置きながらしながら、将来のための経営戦略を常に練っていく必要があるでしょう。

ABOUT THE AUTHOR

株式会社ウェブエイト代表取締役社長草間淳哉
ブランディングウェブ戦略研究家株式会社ウェイブエイト代表取締役社長/清泉女学院短期大学非常勤講師/FM-NAGANOナガブロ放送局メインパーソナリティ/月間1200万PVナガブロ運営/ブランディング事例コンテスト2016準大賞受賞

ウェブでの販売代行で、年間1億以上の売上に貢献し、ウェブとマーケティングのスキルを身に付ける。
月間1200万PV「ナガブロ」を運営。関わってきたウェブサイトは17,000以上。
ウェブ以外にも中小企業のインナーブランディングからサポート。
商工会議所、自治体、各種団体での講演、セミナー、研修など、年間120回以上講義。
目的を明確にしたマーケティング戦略、ブランディング戦略、ウェブ戦略によって、業績アップした中小企業多数。
モットーは「ひたすら楽しく優しく分かりやすく」
著書:『自分1人、1日でできる パーソナルブランディング』(同文舘出版)
ブログ:ブランディングウェブ戦略研究家 - 草間淳哉オフィシャルブログ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

最近の投稿

Return Top